yuripinがゆく

yuripin 1994年、宮城県仙台市生まれの大学院生(建築学専攻)。大学在学中に、ベトナム、ウズベキスタン、インド、台湾、香港、マカオ、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、イタリア、チェコを旅する。現在は美学的視点から大学院でイスラム建築の文様に関する研究をしている。写真を撮ることが好き。

女の子でも大丈夫!クアラルンプール「アロー通り」のおすすめ

f:id:yuripin:20190106163240j:plain

こんにちは。旅が大好きな大学院生、yuripin( https://www.instagram.com/yuripin_ )です。

 

クアラルンプール最大の屋台街である、アロー通り。200m以上ある通りに、様々な飲食店が所狭しとひしめき合う、大変面白い場所です。

 ▼場所

 

しかし、「興味はあるけど、屋台で食べるのはちょっと怖いなあ。どう楽しんでいいのか分からないなあ。」と感じる女の子は多いのではないかと思います。

 

そこで今回は、クアラルンプール最大の屋台街、「アロー通り」で、現役女子学生である私が、実際にどう楽しんだのかを紹介していこうと思います。

 

(以下の写真・情報は、2018年7月現在のものです)

 

目次

 

 

 

 

1.「FAT BROTHER」でカエルの串焼きを食べてみた

f:id:yuripin:20190106163447j:plain

FAT BROTHERは、アロー通りのちょうど真ん中辺りにある、サテー(マレー風串焼き)屋さんです。

 

このお店のシステムについて

①店員さんからお盆を受け取る。

②お盆に好きな具材を乗せる。

f:id:yuripin:20190106170626j:plain

鶏肉や野菜など、無難な串を食べて帰る予定だった

 

f:id:yuripin:20190106163608j:plain

カエルの肉を勧めてくる店員さん。せっかくなので食べてみることに。

 

③店員さんにお盆を渡し、調理が終わるまで席で待つ。待っている間に、店員さんがドリンクの注文をとりに来てくれる。

f:id:yuripin:20190106163730j:plain

調理中の様子

 

f:id:yuripin:20190106164057j:plain

お店の後ろにある席で、出来上がるのを待つ

 

④調理済みのサテーが席まで運ばれてくる。食事終了後に店員さんを呼び、会計。

f:id:yuripin:20190106164214j:plain

甘辛いピーナツソースが、とても美味しい

 

f:id:yuripin:20190106164428j:plain

カエルの串焼き。クセもなく、淡白で美味しかった。


今まで食べた串焼きの中で一番美味しかったのでは?というくらい、どの串も非常に美味しかったです(甘辛いピーナッツソースと、カリッとした焼き加減が、やみつきになります)。

 

ちなみに、サテーのお供にSKOLというビールを飲んだのですが、さっぱりとして飲みやすく、このお店のサテーにピッタリの味でした。

f:id:yuripin:20190106165530j:plain

なお、衛生面で若干の不安はあったのですが、私の場合、一切お腹を壊すことはありませんでした

とにかくものすごく美味しかったので、マレーシアに行く際は、またぜひ行きたいお店です。

 

 

 

2.「Sangkaya」で、絶品ココナッツ・アイスクリームを食べてみた

f:id:yuripin:20190106165644j:plain
 

Sangkayaは、ことりっぷにも掲載されている人気店です。ここのアイスは、一般的なアイスとは違い、ココナッツミルクから作られています。トッピングは、コーンフレークやナッツ、コーンなどから、自分で好きなだけかけることが出来ます。

 

味は、ココナッツミルクのジェラート、という印象です。爽やかですっきりとした、洗練された味わいでした。これもまた、ビックリするくらい美味しかったです。

 

 

 

3.サトウキビジュースを飲んでみた

 

f:id:yuripin:20190106165809j:plain

サトウキビをそのまま搾っています

f:id:yuripin:20190106170052j:plain

搾りたてをそのまま注ぎます

 

 このジュースを買う際、わたしはRM100札しか持っていなかったのですが、写真右に写っている店員さんが、わざわざ奥からおつりのRM95を持って来てくれました。

味は、「これぞ砂糖の原料」という感じの素朴な味わいでした。

f:id:yuripin:20190106170158j:plain

 

4.生ライチを買ってみた

 

f:id:yuripin:20190106170249j:plain

1kg450円という、日本では考えられない安さ

最後に、アロー通りの入り口付近にある果物屋さんで生ライチを買いました。

私はライチが大好きなのですが、日本で食べることのできるライチのほとんどが冷凍のものなので、生のライチをこの値段で買うことができる幸せに、大喜びでした。

 

生ライチは、普段日本で食べる冷凍のものと比べ、みずみずしくて香りが良く、あまりの美味しさに、1kgも買ったにも関わらず翌朝には食べきっていました。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。このブログが少しでも、皆さんがアロー通りを楽しむヒントになれば幸いです。

ちなみにこの旅行は、2018年7月に、タイ・アユタヤ→マレーシア・クアラルンプール→インドネシア・バリ島と、1週間ほどで3カ国を周遊したときのものになります。

 

 ↓周遊の行程と費用について

 

yuripin.hatenablog.com
 

あなたもぜひ、アロー通りでマレーシアの屋台文化を楽しんでみませんか?

 

▼ホテルの予約はこちらから

 

関連記事

yuripin.hatenablog.com

 

yuripin.hatenablog.com

www.yuripin.com

www.yuripin.com

www.yuripin.com

www.yuripin.com

 

 

 

▼日本の美味しいレストランの予約はこちらから

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村